わくわくの別荘生活

わくわくの別荘生活

別荘を楽に維持するポイント

最近、別荘を購入して、自分趣味や家族との時間を充実させて、ゆったりとした時間を過ごすことが注目されています。
自宅から離れて、お気に入りの場所で、おいしいものを作って食べたり、その土地の特産品や名物を食べ歩いたり、温泉や観光、アウトドアなど、自分の好きな過ごし方をすることで、人生が豊かになると、大変人気がありますが、維持や管理が大変というイメージがあって、敬遠してしまっている人もいるようです。

別荘を楽に維持するためには、人に任せる、ことが効果的です。
たとえば、一軒家タイプではなく、マンションタイプなら、自分の部屋の中だけの管理をするだけなのでとても楽です。
外装や敷地内の管理はすべてやってくれるので、頻繁に行かない、という人でも安心です。
最近は、中古のマンションタイプが格安で販売されていることも多いので、費用的にも大変お得感があります。
一軒家タイプの場合でも、リーズナブルな料金で、維持や管理をしてくれる専門の管理会社に依頼すると、負担が少なく、楽しむことに専念できるのでおすすめです。

別荘の維持にかかるコスト

別荘の維持には、何かとコストがかかります。
おおまかには、光熱費・税金・管理費の3つが挙げられます。
これらは、利用有無にかかわらず発生する維持コストなので、恒常的発生するものと考えたほうがいいでしょう。

まず、光熱費ですが、水道やガスは別荘の利用がなければ発生しませんが、電気代は常に発生します。
特に、侮れないのが、軽井沢などの寒冷地には必須である凍結防止帯にかかる電気代です。
凍結防止帯は、ガス管や水道管を冬場の凍結から守るために設置されているものですが、冬場には24時間稼働しているものなので、月数千円の電気代が発生することも珍しくありません。

次の税金は、固定資産税と住民税が発生します。
特に、別荘地を保有している自治体の固定資産税は高めに設定されていることがあるので、注意が必要です。

ここまでに挙げた二つのコストはどんな別荘であれ必ず発生するものですが、最後に挙げた管理費はやリゾートマンションでない限りは発生しません。

pickup

ドローンスクールで勉強する

2017/6/15 更新